ガルニエ・ティエボーはフランスが世界に誇る”ジャカード織”の最高峰のメーカーです。
デザインから染色、機織り、縫製まで全てをフランスの自社工場内で行うことで、デザイン性が高く、高品質な製品をプロデュースし続けています。

長きに渡り、伝統を守りながら、技術の革新に取り組んできたことで、フランス政府から伝統技術、専門知識、高度な品質を持つフランス企業に与えられる「EPV(=Entreprise du Patrimoine Vivant)」の認定を受けています。

ジャカード織りとは、糸と糸とを交錯することで刺繍のような模様を表現する織り技法で、
1801年、フランスの発明家ジョゼフ・マリー・ジャカールによって発明されました。

ガルニエ・ティエボーでは、ジャカード織機を使って穴をあけた紋紙(パンチカード)を用いて複雑な模様を織り出しています。
高品質で発色も美しいガルニエ・ティエボーの製品は、ポールボキューズ、アランデュカスなどのレストランや、ロワイヤルモンソー、フーケ、マンダリンオリエンタルなどのホテルでも使用されています。

1833年の創業から、レストランやホテルの業務用高品質リネンを生産していましたが、1996年からは一般家庭用のテーブルリネンやインテリアリネンも手がけています。
家庭での利便性を考え、布地の表面を撥水加工したアクリルコーティング製品や、糸そのものに撥水加工を施したグリーンスイート製品を開発するなど技術革新し続けています。

ガルニエ・ティエボー製品のお手入れ方法については”こちら”をご覧ください。